住宅改修工事について

慣れ親しんだご自宅も手すりの設置や、段差解消など、ちょっとした工事をするだけで、お年寄りのためのおうちに生まれ変わります。どんなことでも相談してください。

住宅改修工事について在宅での生活に支障がないように、手すりをつけたり、段差解消などの小規模な住宅改修を行った場合、一定範囲の費用が保険給付されます。ただし、原則として、いったん費用の全額を支払い、後日、申請により保険給付(費用の9割)の払い戻しを受ける「償還払い」となります。
※支給限度額20万円
(内訳:保険給付額18万円/自己負担額2万円)

※ジャパウイン介護ショップは横浜市、川崎市にて、受領委任払い制度、取扱事業者の認可を受けています。

受領委任払い制度とは?
介護保険での住宅改修費(介護予防を含む)の支給は、利用者様がいったん費用の全額を支払い、その後に申請をして保険給付分(9割)の支払を受けるという、いわゆる「償還払い」を原則としています。

一方、「受領委任払い制度」は、住宅改修工事の利用者様の支払を、初めから1割分で済むようにすることで、利用者様の一時的な負担を軽減するための制度です。残りの9割分については、利用者様の委任に基づき、市から受領委任払い取扱事業者に直接支払います。

申請に必要なもの

申請のお手続きは当社がお手伝いいたします。
(1)申請書
介護保険居宅介護(支援)住宅改修費支給申請書
(2) 添付書類
2. 工事費内訳書
3. 住宅改修が必要な理由書(ケアマネジャーが作成いたします。)
4. 住宅改修前及び改修後の写真
5. 平面図
6.  介護保険被保険者書(確認後、返却いたします。)
7. 住宅の所有者の承諾書(借家やアパートなどの場合)
8.  委任状(振込み口座が被保険者本人の物でない場合)

保険の対象となる住宅改修

1. 手すりの取り付け
廊下、便所、浴室、玄関等に転倒予防や移動・移乗動作に必要とすることを目的として設置するものです。 手すりの取り付けの為の下地補強も含みます。
2. 段差の改修
居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床の段差を解消するための住宅改修です。
敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げ等。
3. 滑りの防止、移動の円滑等の為の床材の変更
畳敷きから板勢床材、ビニル系床材へ変更、浴室では床材の滑りにくいものの変更。
工事に伴う下地の補強や根太の補強。
4. 引き戸等への取り替え
開き戸を引き戸に、折り戸、アコーディオンカーテン等に取り替えると言った、扉全体の取り替え。
ドアノブの変更、戸車の設置、扉の取り替えに伴う壁又は、柱の改修工事等。
5. 洋式便器の取り替え
和式便器を洋式便器に取り替える場合、これに伴う給排水工事や床材の変更等。
6. その他これらの各工事に附帯して必要な工事
※その他に介護保険制度でご利用できる「居宅サービス」15種類
※施設に入所する「施設サービス」など、ご本人に合ったサービスを選べます。
※各市町村によって異なりますので、詳細をお確かめください。
※住宅改修費が20万円を超える場合や、介護保険の対象にならない昇降機などの設置工事については、川崎市では介護保険制度と別に実施している 「高齢者住宅改造費助成制度」 が利用できます。詳しくはご相談ください。


介護保険制度における利用手続き